FC2ブログ

コーヒーブレイク4

先日、久しぶりに過去のブログを読み直してみました。

そこに、コーヒーブレイクなる記事を見つけました。
すっかり忘れていましたが、どうやら技術的な側面から銀貨の考察をしてたようです。

良い機会なので、復活させてみます。
コーヒーブレイクって最近あまり耳にしませんね。ネーミングが少々イタイ感じがしましたが、
良いタイトルが思いつくまで、これで通しましょう。
検索はしていませんが、2、3は書いた?ような気がしていますので、
今回はコーヒーブレイク4です。

コーヒーブレイク4のテーマはコインの消音です。
何回かに分けて書く必要があるくらい複雑なテーマです。

コインの消音といえば、真っ先に出てくるのが”ソフトコイン”ですよね。
説明するまでもありませんが、コインをすり合わせた時のジャリジャリ音は、
レリーフの凹凸を乗り上げる/下げる時の衝突音が支配的です。(摺動音よりも圧倒的に)
故に、この凹凸を無くし消音機能を付与する処理がソフト化というわけです。
ソフト化されると、摺動音が支配的になりますが、音量は断然小さいので、気にならないケースがほとんどです。

消音から話はちょっと逸れます。

ソフトコインの代表格といえば、バーバーですよね。
シナクラでは、バーバーのように自然にソフト化したコインをナチュラルソフトと呼んでいます。
人工的にソフト化したものは、単にソフト化としています。

ナチュラルソフトはバーバー以前のコイン、WL10年〜20年代がほとんどです。
WL30年代以降もありますが、ムラが多いですね。
ケネディ'64はほどんどありません。
これは金属の精錬や合金技術によるものとみていますが、
バーバーは柔らかく、年代ごとに硬くなっていきます。
よって、同じソフトコインであっても、より年代が古いバーバーの方が消音効果が高いといえます。
金属組成とトライボロジーの面から研究してみるのも面白いかもしれませんね。

長くなってきたので、今日はこれまでにします。
次回は、消音のちょっとしたワザについて書きたいと思います。







スポンサーサイト
プロフィール

鹿化人

Author:鹿化人
シナノクラフト/shinano craft
gaffsmith吟古によるシェルの開発・製造とマジシャン鹿化人によるシェルの監修により高品質のシェルを皆様にお届け致します。

シナノクラフトwebショップサイト

カテゴリ
Magic動画

鹿化人Magic Movie

ギミックコイン
 ・シェル
   エクスパンデッド/EPS
   スーパーエクスパンデッド/SESP
   シムシェル 
   スモールコイン

 ・スコッチ&ソーダ/Scotch&Soda
 ・シガースルーコイン/Cigarette-thru-coin
 ・フリッパーコイン/Flipper Coin
 ・マグネットコイン/Magnetic Coin
 ・ホッピングハーフ/Hopping Half

ノーマルコイン/Normal coin
 ・コインアセンブリ
 ・マトリックス/Matrix
 ・チンカチンク
 ・スペルバウンド
 ・ワンコインルーチン

□カードマジック/Cards
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シナノクラフト製品

エクスパンデッドシェルコイン
ケネディ90%Silver
ケネディ40%Silver
フランクリン 90%Silver
ウォーキングリバティ
バーバーハーフダラー
ピースダラー
1$ ピースダラー
モルガンダラー
オリンピック銀貨
1$ アイゼンハワー 40%Silver
アイゼンハワー ニッケル貨
シーテッドリバティ
25セント 90% Silver Quarter
イングリッシュペニー
10銭シェルセット

スーパーエクスパンデッドシェル

匠シリーズ/3重シェルセット
ケネディ 90% Silver
フランクリン
ウォーキングリバティ

コインエクスプロージョン
イングリッシュペニー
ケネディ 90% Silver
フランクリン
ウォーキングリバティ

ダブルフェイスコイン
オバマGold&Silver

スコッチ&ソーダ/Scotch&Soda

マグネットコイン/Magnetic Coin

シガースルーコイン/Cigarette-thru-coin

その他
モルガン銅めっきシェルコイン
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード