fc2ブログ

Irish Penny

銅貨といえば、イングリッシュペニーが真っ先にあげられますが、
アイルランドにもペニーが存在します。



通称 Éire Penny

あまり表舞台に登場するコインではありませんが、顔・顔・顔、ワシ、ワシまたワシかよといったコインばかりを扱っているので、たまにÉireに触れて癒されています。シナクラの職業病の1つかもしれませんねwww

裏面には国章であるアイリッシュハープが描かれています。
実はこの紋章、ダブフロの紋章面にも描かれています。(ダブフロは4つの王国の紋章がある)
ダブフロのハープデザインはペニーとは異なっており、当時のアイルランドの紋章になります。個人的にはこっちのデザインの方が好きなんですが、色々と問題があるんでしょうかね。興味のある方は当時のデザインを調べてみてください
IMG_5842_20240330160202757.jpg


シナクラではÉire Pennyを何のガフに採用しているかというと

IMG_5843_20240330162656967.jpg

Kina - Sol - Éire のCSBです。めったに作りませんけどね

CSBをいつか入手したい!という方は、WLとかのハーフダラーをお勧めします
3つ以上お持ちの方は検討に値する構成かなと思います。ご参考まで

ちなみに、Kinaは磁石につくコインなのです
スポンサーサイト



オールジャパン CSB 接着方法マニュアル

寛永通宝CSBキットのインナーコインの接着方法について

接着の参考資料としてお読みいただければと思います。
(あくまで一例なので、もっと良い方法があれば是非ご連絡ください)

動画はこちらから


写真のコインはお手元のガフと異なるデザインかもしれません。
左のコインは韓国の500ウォンです。これに近いサイズというか、ほぼ同じサイズのコインが身近に存在していますが、
どちらのコインを使用されるかはお任せします。
どちらを使用しても、やり方は同じです!


この容器の中にA液とB液の接着剤が入っています(しばらくの間、無料サンプルとして接着剤が同梱)
2maime.jpg

中身を出します。
この接着剤はA液とB液を1:1で混ぜると、5分で硬化するタイプです。
3maim.png

1:1で混ぜて、薄く伸ばします。
4maimeのコピー

その上からコインを軽く押しつけます。コインの凸部全体にうっすらと接着剤がつけばOK
タップりつける必要はありません。(タップりつけると、剥がす時に苦労します)
5maimeのコピー

次に、1銭銅貨の裏で接着剤を混ぜ合わせます。
7maime.png

うっすらと満遍に塗ります。塗りすぎると、貼り合わせの際にはみ出るので気をつけてください。
8maime.jpg

硬貨2枚を貼り合わせます。お好みの貼り合わせの向きに調整してください。
1枚目に接着剤を塗布してから1〜2分以内が好ましいです。時間は結構あるので、慌てずゆっくりと!
2枚がズレないようにかつ、最外周が隙間がないようにして5分以上保持してください。
9maime.jpg

もし、2mm厚以上の円柱やブロックがあれば、
貼り合わせのサイドを押さえつけ、さらに上からオモリを乗せると綺麗に仕上がります。
IMG_5730.jpg

接着剤がはみ出した分や、エッジが気になる場合は紙やすりで除去するなどトライしてみてください。



WL CSB ver 10cents 商品UP

WLCSBです。
1年ぶりくらいかしら?と思い調べたところ、4ヶ月くらいしかたってませんでしたぁ(○´・Д・`)ノ

冗談はさておき、3セット用意しました。
全てリバティフェイスの仕様となっております。

ご検討ください
ショップはこちら
1.
IMG_5588.jpg
2.

3.
IMG_5586.jpg

新作(未完成)発表

構想10数年、当時は漠然としたイメージしかなかったが、
気がつけば加工する技術と構成が手の内にあったのです。

シナクラって実は結構グローバルな活動できているし、リスクを背負ってまで現行の硬貨に手を出す必要はないのですが、
我々の開発した技術で、それが可能になるのであればやってみたいってのが素直な感想です。

さて、今回発表するのはこちらのCSBです。
CSB_kanei01_202401052107311bd.jpg


えっ!?
それやっちゃっていいの?

初見でそう思ってしまいますよね。私もそう思います。
上の画像右のコインは形状を損傷させる加工は一切することなくCSBとして構築が可能です。
グレーゾーンの領域に踏み込むことになりますが、本稿では、このギミックの可能性について探りたいのが本音です。

さて、こいつは製品可できるのでしょうか?


どこがグレーゾーンなの?

CSBの構造上
こいつの裏に円形のプレートを貼り付けるという行為が生じます。
これがグレーゾーン。
というわけで、現段階ではシナクラでも未完成の状態です。(まだ接着してないので、文句なしだゼェっ!)

製品化のパターンは以下の2つ
1. グレーゾーンが問題ないというエビデンスが得られればセットで構成する(。>ω<。)ノ

2. キット販売とする
 銀色のコイン以外をセットとする。DF貼付けはオーナー様で対応。
 貼り付けはシナクラがサポートする(何らかの形で)
 →実はコレ、結構メリットが大きいと思います。(好きな年号を選択できるし、デザインが変わっても対処できる!)


こちらの画像はネストとインナーDFね(DFは重ねて置いてあるだけよ)
CSB_kanei03.jpg


こっちの画像はCSBネストとレギュラーね。
CSB_kanei04.jpg


キットで販売する場合は、このセットとなります。
それなりのスキルが必要となりそうですが、マジシャンの方は手が器用なので、問題ないような気がします。
貼り合わせ境界って目立つんじゃない?と思われる方もいるかもしれませんが、
これまでの経験上、思っている以上に目立たないので大丈夫です。
CSB_kanei05.jpg


補足

問題となるのは、
貨幣損傷等取締法です。
これは簡単にいうと、この2点が焦点となります。
1. 故意に損傷させるな!
2. 溶かすな!

ちょっと乱暴な言い方をすると、
損傷させなきゃいいんでしょ!ってことです。
元に戻せることができれば問題ないでしょってのが、成り立つのであれば
この問題となるDFは、確実に元に戻せる

接着剤なんてのは、熱を加えればOKだし、
コイン同士ジャリジャリすれば接着剤なんて勝手にリムーブするのです。
もちろん、接着剤の材質は重要ですけどね。


新ギミック

寛永通宝のギミックをリリースしようかと加工検討中!
シナクラ発足時から構想を練っていたのですが、技術が追いついてきたので
やっと実現できそうなところまで来ました!
あともうちょい



プロフィール

鹿化人

Author:鹿化人
シナノクラフト/shinano craft
gaffsmith吟古によるシェルの開発・製造とマジシャン鹿化人によるシェルの監修により高品質のシェルを皆様にお届け致します。

シナノクラフトwebショップサイト

カテゴリ
Magic動画

鹿化人Magic Movie

ギミックコイン
 ・シェル
   エクスパンデッド/EPS
   スーパーエクスパンデッド/SESP
   シムシェル 
   スモールコイン

 ・スコッチ&ソーダ/Scotch&Soda
 ・シガースルーコイン/Cigarette-thru-coin
 ・フリッパーコイン/Flipper Coin
 ・マグネットコイン/Magnetic Coin
 ・ホッピングハーフ/Hopping Half

ノーマルコイン/Normal coin
 ・コインアセンブリ
 ・マトリックス/Matrix
 ・チンカチンク
 ・スペルバウンド
 ・ワンコインルーチン

□カードマジック/Cards
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
最新記事
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

シナノクラフト製品

エクスパンデッドシェルコイン
ケネディ90%Silver
ケネディ40%Silver
フランクリン 90%Silver
ウォーキングリバティ
バーバーハーフダラー
ピースダラー
1$ ピースダラー
モルガンダラー
オリンピック銀貨
1$ アイゼンハワー 40%Silver
アイゼンハワー ニッケル貨
シーテッドリバティ
25セント 90% Silver Quarter
イングリッシュペニー
10銭シェルセット

スーパーエクスパンデッドシェル

匠シリーズ/3重シェルセット
ケネディ 90% Silver
フランクリン
ウォーキングリバティ

コインエクスプロージョン
イングリッシュペニー
ケネディ 90% Silver
フランクリン
ウォーキングリバティ

ダブルフェイスコイン
オバマGold&Silver

スコッチ&ソーダ/Scotch&Soda

マグネットコイン/Magnetic Coin

シガースルーコイン/Cigarette-thru-coin

その他
モルガン銅めっきシェルコイン
 
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード